福のラジオ03/10 お母さんは強いぞ、な回

福のラジオ03/10 お母さんは強いぞ、な回

福のラジオ03/10 感想を書いていきます。

この番組はタイムフリーに対応しているので、来週土曜日まで聞けますよ~。

 

 

「卒業式では泣かないで」と息子さんから言われてしまった、涙もろいお母さんからのメール。
涙が出そうなときに堪えるのって難しいよなあ。しかしいいお母さんだ。

福「むりです。」 ですよね

周りが感動するくらい泣いてみるという新しい解決策を提案するましゃ。新しい。さらに感動を重ねていくスタイルに笑う。いやでも本当にいいお母さんだよ。大人になったときに「泣いてくれてうれしかった」って言えるように成長できたらいいよね、なお話でした。

 

卒業シーズンなお話から
卒業式って当事者のころは特に何も感じなかったよなあ。今思えば気持ちの面でもっとしっかり出ていればよかったなあと思います。高校生のころなんて隣でボロボロ泣いてる男子生徒にこっそりティッシュをあげたことしか記憶にないです。いやあれは離任式だったかな。

 

旅人
久しぶりすぎて「この曲なんだっけ……」ってなった。久しぶりに聞いたけれどこの曲の「福山雅治らしくない」雰囲気がさわやかでとても好き。もちろん福山雅治らしい曲も好き。この時期の曲ってそういう傾向にあった気がする。

 

平たく言うと馬鹿だったましゃ。すごく平たいゾ。
いやでも学生時代なんてみんなそうじゃないかな。特に目標もなかったから学習すること、知識を得ることに何の価値も見出せなかったよ。「この勉強は大人になって何の役に立つんですか?」ってやつですね。
福「この町に何もないと思ってしまうけど、お前だよ何もないのは」
ここで笑ってしまった。本当にそのとおりだわね。

ホワイトデーの記憶がないのはお返ししたときの気持ちも物も薄いからだよ。と今浪さんをディスっておきながら自分も記憶がないましゃ。ないんかい。
ツアー期間のメールってネタバレ書けないし悩みますよね。ましゃのライブは親子でも十分楽しめる!いいね。特に15歳とかいう微妙な年齢でも感動して泣いた話ができる!いいね。

全国の福山雅治の噂を全部集めたいましゃ。やはりこのレベルでも気になるのかな。そういう庶民的なところが魅力的だと思います。個人的に。

 

零-ZERO-は4月7日土曜から配信リリースだそうです。

 

卒業ソングというと私は旅立ちの日にとかさくら(独唱)かなあ。だからといって話が広がらない。なんせ記憶が薄い。そんな話でした。

んんんいらんことする元カノむかつく~!で終わりそうなこの話。思ったより暗い話でびっくりしたわ。

 

メディアが発信しなくなると「なかったもの」みたいに勘違いしてしまう、というのもなくはないと思うんですよね。悪いことというよりは仕方のないことですけれど。

震災については当日に少し書こうかなと思います。

 

まだ曲が体になじみきっていないましゃ。でも生で最速で聴けるというのはうらやましいなあ。

 

来週のライブは名古屋でホワイトデー。な今週の一言本音。記憶は薄いけれど記念日だよねって話で終わりました。

 

まとめ

今日の放送はなんだかいいお母さんの話が多かったなあと思います。卒業シーズンですしね。

 

オンエア楽曲

旅人/福山雅治

零-ZERO-/福山雅治

SORRY BABY/福山雅治

明日へのマーチ/福山雅治

 

 

おわり

↓ポチッと押してもらえると励みになります。