私がこのブログを始める理由

  • 2018.03.02/2018.03.03
  • 雑記
私がこのブログを始める理由

ブログを書こうと思い至ったわけ

 

その昔、かれこれ10年以上前、中高生の間では個人ホームページやブログの作成が爆発的に流行しました。

私も例に漏れず自由気ままに好きなものの話を垂れ流していたのですが、どうにも、大人になると自分の好きなことを垂れ流すのって「恥ずかしさ」に意識が持っていかれるような気がします。

ですので、このブログをはじめた理由は
「好きなものは好きとアピールしよう」
って意識をまた取り戻したいなという思ったからなのです。

 

過去の自分の話

 

今から7年前、ちょうどこの季節、私は第一志望の大学に落っこちました。

そこまでの自分は成績もよかったし、運動はまあ苦手だったけれど、それでも大抵のことを「なんとなく」でもやってこられたのです。
それがこのとき初めての挫折オワタ

挫折というとかなりドラマティックですが、実際当時の自分はそこまでショックを受けていなかったと思っています。「へえ」ぐらいのテンションでいました。いかんせん偏差値と倍率が釣り合っていないような学校でしたので、まあ落ちても仕方ないよねという。

が、周りの友達は志望校に合格、合格、私が落っこちたことも知らずに「おかげさまで合格しました!」などのデコメを送ってきました。いや知らなかったから仕方ないんだけどね、知らなかったからね。デコメも古いね

 

その後後期の試験前日に震災が起こったのです。
太平洋側ではありませんが東北生まれ東北育ちの私は、それまで自分でも気づかずにいたストレスやショックが爆発した形となり、体を壊してしまいました。

で、今に至るのです。

 

そして考えたこと

 

そういった経緯から、自分を外にアピールすることを避けるようになっていたので、こうやってアピールする機会をつくる必要もあるのかなと思いました。

私の敬愛するポルノグラフィティの新藤晴一さんは25歳やそこらであのヒット曲「サウダージ」の歌詞を書いているはずなので、自分も何かやらないとなあと思っていたところです。

 

美術作品と呼ぶのもおこがましいような絵や詩をつくることが趣味でもあるので、そういった創作物を載せていきたいなとも思います。

作品は誰かに見てもらうことで価値が生まれるとも言いますしね。

 

それと好きなものに抱いた感想もきちんとアウトプットしていかないと、もったいないなあと思うようになりました。もちろん感想というものはその都度変わっていくものではありますが、そういう変化を自分の目で見るのも大切なんじゃないかと思い出しまして。

 

過去の自分が抱いた感情や気持ちをなかったことにしてしまうのは、過去の自分があまりにもかわいそうに思えてしまうのです。

 

そんな感じでぬるぬる始めようと思います。

 

 

おわり