開設3週間でGoogleアドセンス審査に合格するために私がやった3つのこと

開設3週間でGoogleアドセンス審査に合格するために私がやった3つのこと

突然ですが、”そうぞうするところ”は開設してからまだ3週間ちょいです。

平均して1日1記事程度は書いていますが、それでもまだまだコンテンツも少ないし、文字数もあまり多いとは言えません。

 

そんな当ブログですが、昨晩、

 

 

Googleアドセンスの審査合格メール、通称「ポップコーンメール」が来ました!わーい!

開設から2週間、ちょうど

深夜の炭水化物は禁断の味!?ズボラ飯・パスタ編!

この記事の更新後に申し込みをしました。

この記事もこの記事で酔っ払った状態で書きなぐっていたので、完全に深夜テンションでしたね。でも私は「石橋を叩いて壊す」タイプだから、これくらいの思い切りが大事だったのかもしれません。

 

つまりGoogleアドセンスへの申請時には開設からまだ2週間。記事数も20もないぐらいの時期に申請しました。無謀ですよね。

 

それでも無事受かりました!

 

今回はGoogleアドセンスの審査のためにしていたことをまとめていきますね。

 

スポンサーリンク

 

Googleアドセンスの審査合格のために私がやった3つのこと

 

Googleアドセンスに申請する上で、さまざまなサイト・ブログを閲覧しました。そこで多く目にしたのは

  • 記事数は30以上!
  • 開設から時間が経っているほうが受かりやすい!
  • 1記事あたりの文字数は1000文字超えで!

というコツでした。ほとんど当てはまってなかったんですよね。

”そうぞうするところ”をつくったのは今月、2018年3月の2日から3日にかけてでした。

記事数も20以下。文字数は一応ほぼすべての記事で1000文字を超えていたはずですが、そんなに意識はしていませんでした。ちょうど1000文字ぐらいが書いていて楽な文字数だなあ、程度の感覚です。まれに2000文字があったり、はたまた800文字の記事もあったりしました。

 

記事数も20以下。開設から2週間しか経っていないこのブログでもGoogleアドセンスの審査に通った。という事実。

じゃあ私は何に気をつけてブログを書いていたのか、という話を以下に記していきます。

たぶん審査に合格した理由とかコツとかはこれだけではないと思いますが、自分が意識していた点をまとめていきます。

 

画像は著作権フリーのもので

使用する画像は著作権フリーのもの、営利目的での使用が許可されているものを選んでいます。もしくは自分で撮影した画像とか。いらすとやさん好きです。

他人が作った画像や動画を勝手にアップするなんてダメです。

これは今回の申請時のみならず、インターネットを使っている間はずっと気にかけないといけないことですよね。トラブルの原因になったりしますからね。

よく「Googleアドセンスも広告なので、Amazonアソシエイトなどの他の広告を貼っているブログは不利」って情報を見ましたがそんなことはなかったみたいです。

ポルノグラフィティの記事には画像代わりにペタペタ貼ってありますしね。少し気にはしていたのですが、そこそこの数を貼っていても問題ありませんでした。

実際文字だけの記事ってさびしいですからね。いくらか画像や動画を挟んだほうが見ていて楽しいもんね。

 

プライバシーポリシーを記載しておく

このサイトについてにプライバシーポリシー及び免責事項をPDFで置いています。

これらは「個人情報を収集するけれど悪用はしないよ!」「このサイトに書いてある情報は私の主観も混ざっているよ!」などの、ざっくり言えば注意事項のことだと認識しています。

自分で調べてみた限り、この記載が結構重要かもしれないなと感じました。

この記載のないサイトも多く存在しますが、まあないよりはあったほうが安心感はありますよね。

検索するとプライバシーポリシーのテンプレートが多数見つかりましたので、そちらをお借りして作成しました。

プライバシーポリシーのテンプレートを借りる場合、そのまま記事にしてしまうと「このサイトのこのプライバシーポリシーの記事、他サイトの丸パクリやんけ!質悪いやんけ!」って判断されてしまう可能性もあるみたいです。コピペ認定されてしまい評価が下がる、ということです。

超小心者なので画像にして掲載するかたちをとっていますが、これが正解なのかもしれません。

 

使用する単語、話題に注意する

これはもう私の思い込みというか、小心者っぷりのあらわれというか、そういうものなのですが、ポルノグラフィティの名前を略していません。なんかとても怪しい単語になってしまうので……問題ないのかもしれないけれど怖くて……。

さすがにそこまでしなくてもいいと思いますが、子どもに見せても安心安全な単語・話題を選んどいた方が無難だと思います。特に単語とか言い回しとか。

汚い言葉はもちろんですが、攻撃的・暴力的な言葉もできる限り避けたほうがいいと思います。怖いもの。

だからって無難な話題ばかりではつまらないですし、ちょうどいい塩梅のところを探っていこうと思います。

申し込みから1週間ちょいでポップコーンメールが!

そんな風にかなり試行錯誤しながら記事を書いていましたが、Googleアドセンスへの申請から1週間程度でポップコーンメール(審査合格メール)が来ました。

申請後もずっと記事を書き続けていたからかもしれませんね。

これも調べてみると1ヵ月かかった……なんて人もいるんですよね。メールには3日で~なんて書かれているんですが、申請も多いのですかね。

結構覚悟していたので思ったより早かったなあという印象です。

 

というわけで、Googleアドセンスの審査に向けて私が気をつけていたことをまとめてみました。

申請しようと思っているあなたへのアドバイスになればいいなと思っております。

 

 

おわり

 

スポンサーリンク