ポルノグラフィティの「カメレオン・レンズ」PVは1人で見ないと後悔するかも。

ポルノグラフィティの「カメレオン・レンズ」PVは1人で見ないと後悔するかも。

ポルノグラフィティの新曲「カメレオン・レンズ」のPV(ショートバージョン)が公開されました。

 

ポルノグラフィティ 『カメレオン・レンズ』(Short Ver.)

 

 

見て。

 

できれば全人類見て。

 

「カメレオン・レンズ」は金曜ドラマ『ホリデイラブ』の主題歌にもなっているので、すでに聞いたことのある方も多いのではないでしょうか?

今回はこのPVの感想をつらつら書いていきますね。

福山雅治の零-ZERO-MVの感想はこちら

福山雅治「零 -ZERO-」MVで次元を超える!?

 

スポンサーリンク

 

このPVを見て言葉を失いました。

まず高級車のCMに使われそうな静かなイントロから歌いだしまで

 

もう、もうすごいもの。
だって本当に高級車だもの。

 

車に詳しくないのでランボルギーニなのかフェラーリなのかよくわかっていませんが、それをバックにアーティスト名と曲名が映るというシンプルで洗練された始まり方。
とても好きです。

追記:本日3/14のZIP!にて、「ランボルギーニ・カウンタック」であると判明しました。世界に500台しかないとは……なんというお金のかけ方だ……。

歌詞の中にリンゴやバラなど赤が印象的なアイテムが出てくるため、そのイメージから赤い文字なのでしょう。

それもくすんだ赤。

君がいる鮮やかさには敵わないからくすんだ色なのかと考えると、このクレジットだけでもストーリー性が垣間見えてくるよう。好き。

 

そして歌い出しても映像はまだモノクロのまま。

昭仁さんが鏡越しに歌う姿と晴一さんが鏡越しにワイシャツの袖を整える映像。

 

何度か見返してやっと気づいたのですが、昭仁さんの姿って晴一さんが見ている姿見に映っているんですよね。

だから2人は同じ方向を向いているようで、実は背中合わせ。

そして同時に映ることがないというのもまた、「私が見ている世界とあなたが見ている世界は同じようでちがう」というこの曲のテーマどおりの演出なのかもしれません。

 

モノクロ映像のまま、くすんだ赤色の英字がかなり大きく画面に映し出されます。

もしかしたらこの演出が一番好きかもしれないです。

映像はスローに、そして無機質さすらある歌詞表示。

この部分っていわゆるコーラスパートだと思っているので、曲およびPVをきゅっと引き締める重要な部分になっているのは期待をはるかに超えていきました。
昭仁さん英語の発音上手くなったよね。

 

次にくるサビはBメロ(コーラスパート)で引き締められた分、より爆発力が増しています。

ここから映像がカラーになるのですが、それも全体的に青白い、冷たい印象を受ける色合い。

メンバー2人が同時に画面に収まる時間よりも、1人ずつ映る時間のほうが圧倒的に長いのも印象的です。

同じ曲を演奏しているのに噛み合っていないような、別の空気が流れているような演出も、「同じ世界にいるはずなのに徐々に噛み合わなくなっていく2人の世界」のようで見ていてもどかしい。

 

間奏

リンゴになりたい。

 

 

ショートバージョンの感想は以上です。

全体を通して比喩表現での色気、すれ違うもどかしさなどがむせ返るほど濃厚に香るPVだと感じました。

だから1人で見て。
暗い部屋で。
寝る前とかに。

ここまでレベルの高い、言ってしまえば映画を1本見たかのような満足感のPVはそうないのではないでしょうか?

ポルノグラフィティのPVは歌詞のイメージに沿いながらあっと驚くような世界観のものが多くて、見ていてすごく楽しい。

 

実は3月2日に24時間・ファンクラブ会員限定でこのPVのフルサイズが公開されました。

今回はラジオでの楽曲初披露時、ジャケ写とアー写初公開時とすべて私の想像を凌駕する衝撃があったので、このPV初公開もそれはそれは楽しみにしていました。

フルバージョンはさらに

 

リンゴが……!?

 

バラも……!?

 

な、濃密な時間を体験できますので本当におすすめします。

 

そんなフルバージョン、「カメレオン・レンズ」の初回限定版に特典としてついてくるんですって……!

見て。

 

頼むから見て。

 

 

フルサイズでの感想はこちら↓

ポルノグラフィティのカメレオン・レンズPVフルサイズは映画のような満足度!!

「カメレオン・レンズ」の歌詞解釈と感想はこちら↓

ポルノグラフィティ「カメレオン・レンズ」の歌詞解釈と感想

「THE DAY」の歌詞解釈と感想はこちら↓

「THE DAY」の感想と歌詞解釈・考察

 

 

おわり

 

 

スポンサーリンク