福山雅治「零 -ZERO-」MVで次元を超える!?

福山雅治「零 -ZERO-」MVで次元を超える!?

福山雅治「零 -ZERO-」のMVが公開

福山雅治さんの新曲「零 -ZERO-」のショートバージョンMVが公開されています。

 

福山雅治 – 零 -ZERO- (LIVE at BUDOKAN 2018) 劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』Collaboration Music Clip (Short ver.)

 

劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』の主題歌として、コラボの形でのMVとなっております!

これは見よう。

ぜひ見よう。

 

今回はこの「零 -ZERO-」のMVについて感想を書いていきますね。
最後には「零 -ZERO-」の情報についても書いていくのでよろしければどうぞ。

 

スポンサーリンク

 

イントロから歌いだし

MVと関係ない話ですが、この「零 -ZERO-」のイントロすごくないですか?
名探偵コナンではお馴染みの「真実はいつも一つ!」というワードから始まる、それもスローテンポで始まる……。
曲の始まりが映画の終わりにかぶさることをイメージして、あえてそうしたのかなと考えられます。
アニメの終わりに主題歌のイントロを被せる技法、最近では多く見られます。
そのため、劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』のためだけに全力で作られた曲という印象があります。

そんなイントロ

この時点でライブ映像とアニメ映像、2次元と3次元が上手く融合されているんですよ。
特にましゃの弾くギターの最後の一音、ここのエフェクトのかけ方がすごく”融合”を感じられます。

ライブ映像が2次元のアニメ映像に溶け込むような演出もGoodです。反対にアニメ映像が3次元に変化していく演出もあります。かっこいい。

「涙の数だけ」の炎もすごくいいんですよね。
この曲のこれからの雰囲気や空気感ってまさに「」だと思うので(こういうラテン系って炎が似合うよね)、ここから曲の雰囲気が変わるぞ!ってところに炎が映されるのは、目印のようですごくわかりやすくていいです。

 

サビ前まで

この名探偵コナンの映像が映るの、なんていうんだろう。立方体の室内で前方3面に映し出されると言えばいいのか。言葉で説明するのが難しい。
なんでアニメ映像をわざわざそういう場所で映しているんだろう、と考えているのですが、もしかしたら2次元のものを3次元に近づけるための手法なのかもしれません。
そこで映し出される映像が全部「これめっちゃいいシーンなんだろうな!」ってものばかりでニクいです。

ライブ映像のほうにもより2次元的なエフェクトがかかるようになります。
ましゃの近くに出る白い模様とか。
名探偵コナンの映像を3次元に近づけていると上に書きましたが、ここでも反対に3次元であるライブ映像を2次元に寄せているのです。もはや次元を超えるのではって勢いを感じます。

「善」も「悪」も~の部分すごくいいです。
こうやって重要なワードが文字として映像に表示されるのすごく好きなんです。

 

同じようなことはポルノグラフィティのカメレオン・レンズの記事でも書きましたね。
それはこちらからどうぞ。

 

サビから終わりまで

そもそもサビ直前のライブ映像がすごすぎるんですよこれ。
なんだこのセット、なんだこのライブ演出!?って気分です。
武道館ってこんなにおしゃれにできるのか、という驚きがあります。

ライブ映像の後ろの画面で歌詞が表示されていることもわかります。
ライブで歌詞が出るのって新曲か、もしくは歌詞をじっくり読ませたい場合かのどちらかですよね。

ステージ上にある四角いセットがすべて「ゼロ」に見えてくるのです。すごくない?
赤い0が並んでいるようにしか見えなくない?

「ゼロなんだよ」の部分、「無なんだよ」表記なのもすごくいいし、それがMVに文字として表示されるのが最上級にいい。非常にいいのさらに上をいく。

途中にちょくちょく挟まる名探偵コナンの映像もまあよい。とにかくよい。
この曲のMVのために作られたんじゃないか、ってぐらい合うシーンの映像が使われているのです。
サビはそのあたりが顕著でなおさらかっこいい。

 

「零 -ZERO-」の情報ほか

零 -ZERO-」のショートバージョンMVを見た感想を書いてみました。
2次元の映像と3次元の映像をここまですり合わせられた作品も少ないと思います。
だってもはや次元を超えているもの。

次元を超えるといえば、「零 -ZERO-」のジャケット見ましたか。

こちらから確認できます(公式サイトにジャンプします)。

いやいや、もう2次元と3次元が融合済みだもの。ましゃが2次元の人になってるもの。
まあ3次元にしてもかっこよすぎるからね、違和感ないね。

 

今回紹介した「零 -ZERO-」は、2018.4.7 Degital Releaseとなります!
デジタルリリース、つまりは配信開始ってことですね。

曲をじっくり聴くのも楽しみになる今作。ぜひお聴きください。ほんとにかっこいいから。
劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』を観賞する前の予習としても、ぜひ。

 

おわり

 


零 -ZERO-

 

スポンサーリンク