ライブや演劇に複数回通う人間の心理と理由

ライブや演劇に複数回通う人間の心理と理由

 

こんにちは。

そうぞうさんです。

今日はひどく暑いですね。

こんな日は冷房の効いた劇場で演劇鑑賞なんてのもオツなものです。

 

ところで、ライブやイベントへの参加、観劇って1回で満足できるタイプですか?

私は複数回行かないと満足できないタイプです。

世間的には1回でも満足できる人のほうが多いのかな、とも思います。

私はそこに異論を唱えたい。

 

スポンサーリンク

 

ライブやイベントに複数回行く理由

単純に1回じゃ消化しきれない

単純な話なのですが、1回じゃ消化しきれないことが多いです。

内容でも、メッセージでも、テーマでも。

1回で満足できる人って1回で全部消化できるのでしょうか。

消化管がすごく強くあられるんですね!って感じです。

今年3月にTEAM NACSの本公演「PARAMUSHIR」を観劇しましたが、そのテーマの壮大さに1回では消化しきれませんでした。

(参考:TEAM NACSのPARAMUSHIRと観劇マナーと感想(ネタバレほぼなし)

 

演劇やライブは公演ごとに微妙なちがいがあるから

演劇であれば、回を重ねるごとに役者の演技が変わっていく場合が多いのです。

そうなると、1回観ただけではもったいないなと思うのです。

このあたりは「りさ子のガチ恋♡俳優沼」にも詳しく書いてありました。

(参考:【感想】「りさ子のガチ恋♡俳優沼」で危機感を覚えないオタクはやばい

 

ライブであれば、セットリストが変更されている場合もありますし、MCが変わっている場合も多いのです。

そうなると、より多くの公演を楽しみたくなるものなのです。

わかって。

 

自分自身を無防備にする必要があるから

これは私特有のものかもしれません。

私はライブや演劇を「お客さん」として観にいくと、何故か緊張してしまうという性質をもっています。

お客さんなのに緊張する……意味がわかりませんね。

私もわかりません。

たとえて言うならば、自分自身にいらぬ不安や心配を荷物のように抱え込ませている状態なのではないか、と。

緊張という荷物で両手が塞がっていると、演者からのメッセージを取りこぼしてしまう可能性があるのです。

もっと噛み砕いて言うと、緊張して吐き気がしているときはそれに気をとられてしまうよね、ということです。

それならばそんな荷物なんて最初から捨てるべきです。

捨てられるようになる=無防備になるには、きっと場数を踏む必要があるのです。

そう考えると、たった1回の参加・観劇では足りていないのです。

 

まとめ

イベントに複数回参加する人を変な目で見ないで

同じライブに複数回参加した~!なんていうと、奇異な目で見られることがあります。

こっちには複数回参加する理由があるので、そんな変人扱いしないでください。

お願いします。

でも、そんな私でも、

全通する人はちょっとやばいと思う。

 

 

おわり

 

スポンサーリンク