斎藤工のおかげで安田顕を知れた話

斎藤工のおかげで安田顕を知れた話

今日の日記と斎藤工の話

風邪か鼻炎か、昨日に引き続き鼻づまりが治まらない私です。こんばんは。
鼻かぜ(鼻炎疑惑あり)の影響からか、単純に週の真ん中で疲れているからか、まあ面白いことがなにも思いつかない。
記事をなにか書きたい!という意欲はあるのですが、途中で「おやおやおやおや」という気持ちになる文章を量産してしまいます。いつものことですね。

 

私は常々TEAM NACSが好きだ、と公言しております。中でも安田顕が好きだと。

私が安田顕を知ったのは斎藤工がきっかけなのです。

今日はゆるめにそんな話をします。いつもよりゆるゆるなのでゆる~い気持ちで読んでください。

 

スポンサーリンク

 

斎藤工のおかげで安田顕を知れた話

私が斎藤工という俳優を知った経緯

斎藤工。ご存知ですか。公式サイトはこちら

 

職場のゴミ箱を思春期の男子かってほどティッシュで山盛りにしてきたそうぞうさん、本日は19時前には帰宅。
テレビをつけると斎藤工が映っていました。久しぶりにドラマの主演をやるらしいですね。

「探偵物語」は4月8日の夜9時から放送です。

 

私は狭く深くなタイプのオタク気質で、中でもテニスの王子様はお気に入りの作品なのです。テニスの王子様はミュージカルをやっておりまして(通称テニミュ)、斎藤工もテニミュに出演した過去のある俳優です。

高校時代の私はそれはそれはテニミュにはまり、ミュージカル本編はもちろん、バックステージ映像なんかもディスクに穴が開くほど(もう開いてる)見ていました。

そのバックステージで異彩を放つ、一人の俳優。
それが斎藤工です。

斎藤工の魅力にすっかりとりつかれてしまった私は、彼の出演作品を漁りました。それはそれは漁りました。
当時は「BL(ドラマ)界の帝王」なんて冗談で言われていましたね。もちろんBL作品も漁りました。

 

そして行き着いてしまったのです。

親孝行プレイという作品に……。

 

親孝行プレイという作品

 

「親孝行とはプレイである」 偽善でもイイ、プレイ(実行)することこそ大事なのだ! サブカルの先駆者・みうらじゅんの教えを元に、“親不孝”な3兄弟が“親孝行”に挑む、シチュエーション・コメディ!!

Amazon商品紹介より

 

つまりはコメディ作品です。2008年の作品です。10年前ですね。

このコメディ作品に兄弟役として安田顕要潤斎藤工の3人が出演していました。
3人が面白おかしくわちゃわちゃしているだけです。良くも悪くも。

めちゃくちゃおもしろいです。というかほぼコントです。

 

安田顕は長男・シンイチ役、斎藤工は三男・ユウゾー役でわちゃわちゃしています。
一番のトラブルメーカーは要潤演じる次男・ケンジなのですが、それに乗っかる三男、ツッコむ長男といった構図が多いです。
まあイケメンで母親想い、そして面白い兄弟が嫌いな人はなかなかいないでしょう。そういう作品です。見て。

そして、この作品と出会ったことで、私は安田顕、及びTEAM NACSへ興味を持ったのです。
斎藤工に耳をはまれる安田顕を見て「興味を持つな」という方が無理である。

 

まとめ

親孝行プレイって傑作だと思うんですけれど、なかなか知名度が低いです。
私の大好きなTSUTAYAさんにも置いてない可能性が高いです。レンタルされているのを見かけたのって1回くらいしかないかも。

まあまだ兄弟のうちブレイクしていたのは要潤のみ、安田顕も斎藤工もブレイク前でしたからね。10年という歳月は恐ろしいものです。

 

だから、これだけマイナーな作品ということは、今から堪能してもまったく遅くはないということ!

 

今をときめくイケメン俳優3人による、超仲良し兄弟を見てくれ!

 

 

おわり

 

そもそも安田顕って誰よ!?な人向けの記事はこちら

TEAM NACSとかいうおもしろおじさん集団っていったい何者!?

メンバー別のおすすめDVDはこちら

NACSのDVDでおすすめはこれだ!メンバー別紹介!

 

スポンサーリンク