ポルノファンの私がなぜラブライブにハマったのか

ポルノファンの私がなぜラブライブにハマったのか

 

2014年からラブライブにハマりました、そうぞうさん(@sohzohsuruhito)です。

ラブライブ無印のアニメ2期放送終了後、その時点でかなりのラブライバー(注:ラブライブファンの意)だった知人に教えてもらったのがきっかけです。
ファイナルライブ現地には行けなかったけれど、ライビュで参加できたのはよかった。
ラブライブはいい曲が多いんですよ。ほんとに。

そして常々公言している通り、私は根っからのポルノグラフィティファンです。

そんなポルノファンの私が、どうしてラブライブという作品にハマっていったのか。

今回はそういうお話をしていきます。

 

スポンサーリンク

 

それぞれの楽曲の特徴

ポルノグラフィティのカラフルな楽曲たち

ポルノグラフィティの楽曲ってさまざまなんですよ。
さまざまな色がある。さまざまな風景がある。
女性目線の気持ちを手紙にしたためた失恋ソングがあると思いきや、愛を擬人化したき曲まであるんですよ。

ゴリゴリのロックもあれば、ラテン調の曲もある。
青い色が似合う冷たい印象の曲もあれば、情熱的な赤が似合う曲もある。

 

私の大好きな「THE DAY
かなりのロック、それでいてキャッチーだし、アニメ主題歌にピッタリの楽曲です。

同じく大好きな「Fade away
暗い。信じられないほど暗い。
色で言えば真っ黒、もしくは濃い灰色って感じの楽曲です。

 

BUTTERFLY EFFECT(初回生産限定盤)(DVD付)

 

このように、ポルノグラフィティの楽曲はさまざまな色があるという意味で「カラフル」が特徴だと思っています。

 

ラブライブ楽曲はどうか

ラブライブ楽曲もそういう意味でカラフルなんですよね。
個性豊かな9人が集まってそれぞれのグループが成り立っているので、当たり前といえば当たり前ですが。
μ’s、Aqoursそれぞれのグループはもちろん、ソロ楽曲やユニット楽曲まで「曲のカラー」が多種多様なのです。

 

μ’sを例に見てみましょう。

μ’sの代表曲「僕らは今の中で」 略称は僕今 など
これは正統派アニメソングですね。ポップでキャッチーで、それでいてけっこう大衆向け。
歌詞はきらびやかで、ラブライブという前向きなアニメ作品にぴったりの主題歌です。

μ’sの楽曲「WILD STARS」 略称はWS ワイスタ など
こちらは上記「僕らは今の中で」のカップリング曲です。
熱い故意の始まり、それでいて少し冷静な”私”……ダンスミュージックのようなかっこいい曲調とマッチした、クールな楽曲です。

この2曲の時点でもうカラーがまったく違うわけですよ。
僕今は正統派ポップソング、まさにアイドルが歌うべき曲という印象。
一方WSはアイドルが歌うにはややハードな、かっこよさに振り切った曲。
この1枚のシングルだけでもこれだけふり幅があるのです。

 

μ’sのユニットlily whiteの「微熱からMystery」という楽曲があります。略称は微熱 など
加山雄三!って感じの特徴的なエレキギターと、夏の香りを感じさせる情熱的な歌詞が印象的な楽曲です。

同じくμ’sのユニットBiBiの「PSYCHIC FIRE」という楽曲があります。略称はPF など
こちらは超打ち込みでシンセがバシバシ鳴っている曲、東方楽曲というとイメージがわく人もいるかもしれませんね。

まったく異なる楽曲なんですよね。
そもそもラブライブのユニットというものはそれぞれのカラーが強いのです。
上記のlily whiteは昭和から平成初期のにおいがする楽曲を得意としています。
一方BiBiはおしゃれ系ダンスユニットなのでクールでかっこいい、ノリのいい楽曲や、大人びたバラードを得意としています。

同じグループから派生したユニットですらこれだけカラーが異なるのです。

 

μ’s Best Album Best Live! Collection II (通常盤)

 

まとめ

このように、ポルノグラフィティもラブライブも楽曲が「カラフル」であることが共通しています。

私はポルノグラフィティのそういう面、いろんな種類の曲を作り出す点が特に好きなので、そこが共通しているラブライブを好きになったのだと思っています。

一見するとアニメソングだし敬遠されがちですが、実際クセの強い、いわゆる電波ソングというものは少ないのです。
比較的Jポップに近い楽曲が多く、アニメソングに親しみのない人でも受け入れやすいのです。
だからここまで爆発的なヒットになったのだと考えられますね。

もちろん楽曲の特徴のみならず、アニメのストーリーが好き、という点もあります。
このあたりの話は少し主題とずれるので、また別記事にしたいと思います。

 

今からでも遅くはないから

ラブライブ楽曲を聴こう!

 

 

おわり

 

ポルノグラフィティのファンになったきっかけはこの記事↓

小学校の運動会で運命が変わった

 

 

スポンサーリンク