2018年版!ポルノグラフィティのライブ定番曲はこれ!

2018年版!ポルノグラフィティのライブ定番曲はこれ!

 

現在BUTTERFLY EFFECTツアー真っ只中のポルノグラフィティ。
先日、2018年9月8日(デビュー日)と9月9日にメンバーの地元広島で開催されるライブ”しまなみロマンスポルノ’18”が発表されました。

現在のBUTTERFLY EFFECTツアーは久しぶりのホールツアーということもあって、倍率が高い高い……。ファンクラブに入っていてもチケットが取れない!なんて人もいました。

 

だからこそ しまなみロマポルには 行きたいじゃないか

 

大体ロマポルと呼ばれるライブは大きなハコでやるのでチケットがとりやすいです。これは豆知識です。

今回のツアーに参加できなかった人にも来てもらいたい!
カメレオン・レンズからポルノグラフィティを知った人たちにも来てもらいたい!
そんな思いを(勝手に)抱いている毎日です。
中には

「ライブに行ってみたいけれど、どの曲をおさえておけばいいのかわからない!」

なんて人もいると思います。
初めてというのはそういうものです。

ですので今回は、ポルノグラフィティのライブでおなじみの定番曲を紹介していきたいと思います。
2018年3月版です。

これから紹介する曲をおさえておけばポルノグラフィティのライブは怖くないぞ!

ちなみに私は無事BUTTERFLY EFFECTツアーに参戦できました。

 

スポンサーリンク

 

ポルノグラフィティのライブ定番曲をご紹介!

ミュージック・アワー

この曲は1度は聴いたことがあるのではないでしょうか。
かなり初期の曲ですが、今でもライブでは大盛り上がり。
歌詞がラジオ風だし超ゴキゲンなナンバーって感じです。
夏の始まりのウキウキわくわく感にあふれている曲だと思います!
そういう意味でもテンションも熱気もすごく上がりますよね。

夏という暑い時期といえばこの曲!なので、しまなみロマポルでもやる可能性が高いです。

 

この曲には通称「変な踊り」という変な踊りがあるのであわせて紹介します。

サビの「きーみがむーねを」で腕を→・←・→・←と振るのです。右、左、右、左と、できるだけキレよく大きく振るとグッドです。

「こがすーから」で今度は↓・↑・↓と振ります。下に振り下ろし、上に戻し、また振り下ろすのです。
こちらも振り下ろす際にひざを曲げて全身で下ろすと楽しいです。

以上で「変な踊り」の解説は終わりです。簡単でしょ?

 

だいたい昭仁さんも「変な踊り」をしてくれるので、それに合わせて踊れば十分楽しめます。
楽しいです。

イントロから昭仁さんが煽りに煽ってくるので、こちらも負けじとジャンプやら手拍子やらをしてしまう、パワーのある曲ですね。
もちろん「変な踊り」も含め、周りの人の迷惑にはならない程度に楽しみましょう!

 

ポイント「変な踊り」は全力でやると楽しいぞ!
踊り自体は昭仁さんを見ていれば大丈夫!

 

メリッサ

鋼の錬金術師で話題になったこの曲。
ベースのイントロが特徴的ですよね。
こちらも大盛り上がりの定番曲なのでおさえておいて損はないです。

近頃ではサビ終わりのロングトーンが超絶見せ場になりつつあります。
信じられないほどのロングトーンをとばしてきます。
こんな激しい曲で激しく動きながらも。
昭仁さんの肺活量が年々上がってきている気がする。

曲をよく聴くとわかるのですが、イントロの「ッチャチャッチャ!ッチャチャッチャ!」というリズムも印象的。
ライブで披露する際もドラムがこのリズムを刻むのですぐわかると思います。

 

あとキャノンテープがとびやすい印象があります。
イントロから歌い始めるところでパーン!とテープがとぶ印象が強いです。
テープばかりを見ると昭仁さんが拗ねがちですが1)PURPLE’Sメリッサ時の副音声より、思い出として残しておくのも大事なことです。

 

ポイントロングトーンは必見!
テープがとんだら確保しておくと吉。

 

Mugen

上記のメリッサかMugenかどちらか1曲はやっているような気がします。
これも盛り上がりが尋常じゃないです。
めっちゃアツいです。

CDの通り、イントロでは「うぉーうぉーうぉ、うぉーうぉー!」と叫びましょう。
大声で叫びましょう。
楽しいです。
これは個人の好みですが、私はこのときにこぶしを振り上げています。
こぶしを振り上げながら叫ぶ……日常生活ではなかなか味わえないいい体験になります。

あと超個人的な話ですが、サビは極力裏拍でとりたいんですよね。裏のほうが合ってない?

 

「ポルノグラフィティのライブは振りがそろっていてすごい!」と言われがちですし、ファンも自称しがちですが、そのあたりは深く考えすぎなくてもいいと思います。
周りの迷惑にならない程度に、かつ、自分が一番気持ちよく音楽にノれるようにしておけば。

 

ポイントこぶしを振り上げて叫びましょう!
この曲はアツいぞ!
スポンサーリンク

 

サウダージ

大ヒット曲です。大ヒット曲です(2回言いました)。

この曲はこれでもかってくらい演奏されている気がする。
メンバーは以前「これからはそんなに演奏しないかも」みたいなことを言っていましたが2)PURPLE’Sサウダージ時の副音声より、毎回のように演奏しています。
忘れずにチェックしておきましょう。

 

ポイント毎回のように演奏されている曲なので、忘れずにチェック!

 

アゲハ蝶

この曲も大ヒット曲ですし、知らない人なんていないまであると思います(言い過ぎである)。
名曲だし静かに聴く曲かと思いきや、ライブでは観客参加型の曲に大変身します。

まずクラップ。
基本的に「チャッチャ、チャッチャッチャ」の2拍・3拍で進行していきます。
イントロからサビ終わりの間奏までこれでだいたい解決します。

Bメロの「そう、じゃあ」の部分、「そう(チャッチャ)、じゃあ(チャッチャッチャ)」とここも2拍・3拍のクラップを入れるので、ぼんやりしていると結構慌てます。
CDをじっくり聴くと「あっここにクラップが入るんだな」というのがわかるかと思います。
ぜひじっくり聴いてみてくださいね。

またギターソロに入る間奏から「らーらーらーらー、らーらー」のコーラスが入ります。
こちらは曲を聴いていてもすぐにわかる部分ですよね。
ラストのサビまでずっと歌い続けましょう。
会場中から聴こえるラララのコーラスは圧巻です。

 

まあでも大抵のことは昭仁さんの煽り、指示通りにやっていけば楽しめます。これ重要です。

 

ポイントクラップやコーラスで曲に参加!
前もって練習しておくとより楽しめるかも。

 

ハネウマライダー

こちらもミュージック・アワーに並んで夏の定番曲になりつつありますよね。
さわやかで、それでいてすごくイケメンな曲です。大好きです。

06年に開催された夢人島フェス以降、タオル回しが定着しました。
ポルノグラフィティの中でも数少ないタオル回し楽曲です。

イントロ、サビ、間奏でタオルを回します。
回すときは短めに持つと周りの人にぶつかったりしないので気にかけるといいかもしれません。

ちなみに上記以外、たとえばAメロとかもずっとタオルを回しているとめちゃくちゃ疲れるので気をつけてください。腕がやられます。

 

ポイントタオルは短くもってガンガン回しましょう!

 

ここまで紹介した楽曲は、すべて「PORNOGRAFFITTI 15th Anniversary “ALL TIME SINGLES”」に収録されています。

 

THE DAY

発売からまだそこまで時間が経っていないので、定番曲!と自信を持っては言えないのですが、現時点でかなりの頻度で披露されているので紹介します。

とにかく今のポルノグラフィティはこんなにもアツいぞ!って曲です。
めちゃくちゃかっこいい。この曲で再度ファンになったようなものなので、思い入れも深いです。

生で聴くとそのあまりのパワーに圧倒されます。
あとギターソロがかっこよすぎる。

振りとかはそこまで決まっていないので、自由に楽しみましょう。

 

ポイント新しい曲でもパワーは負けない!
めちゃくちゃかっこいい曲だぞ!

 

 

ジレンマ

アンコールのラスト1曲はこの曲でほぼ確定です。

曲自体はメンバーが「結成して2番目に作った」と言うぐらい昔からある曲です。
ちなみに最初に作った曲は恥ずかしくて公表したくないそうです(笑)

アンコールのラスト1曲ということもあって、この曲の爆発力は尋常じゃありません。
最後の力を振り絞って歌う昭仁さんにテンションをめちゃくちゃに上げられます。
というかテンションのメーターが振り切れて壊れるぐらい盛り上がります。
覚悟しておいてください。ほんとすごいから。

 

間奏にはサポートメンバー含むメンバーのソロ回しがあります。
個人的見どころはnang-changのソロ。
サポートメンバーのソロ回し後、満を持してのギターソロとかサイコーですからね。
74ersの「ミスターギター!ハルイチ!」がめちゃくちゃ好きです。

あと私の知らない間に振りが増えてたんだけどあれどこから生まれたんだろう。
詳しくは追々調べて加筆しますね。

 

ポイントライブ最後の1曲はほとんどこの曲!
最後の力を振り絞って盛り上がろう!

 

 

Please say yes,yes,yes

こちらは定番曲とまでいっていないのですが、一時期上記ジレンマの代わりになりかけたので一応記しておきます。

Bメロにはタイトルの通り「イエース!イエーエーエーエース!イエーエーエーエース!」のコーラスがあります。
結構タイミングがシビアなので、曲を聴きこんで練習したほうがいいまであります。

サビのクラップは曲を聴くとわかる位置。
文章の終わりというか、歌詞の1行ずつクラップが入るというか、とにかく曲を聴いてください。
すぐにわかりますので。

 

ポイント上記ジレンマの代わりにラスト1曲になる可能性あり!

 

 

肩肘張らずに楽しむが吉!

2018年版、ポルノグラフィティのライブ定番曲を挙げてみました。
とりあえず上記の曲をおさえておけばあとはどうにかなります。
また思いついたら加筆していきますね。

曲の紹介と称していろいろ振り付けやらコーラスやら書きましたが、変に身構えず音楽に身を委ねられれば問題ありません。
何度も書きましたが、周りの人の迷惑にならない範囲で楽しんでいきましょう。

「ポルノグラフィティはライブバンドだ!」とよく言われます。
本当にその通りだと思います。
あれだけパワーをもらえる場所なんてそうないんだもの。

ぜひ1度ポルノグラフィティのライブにいらしてみてくださいね。
楽しく感動できる空間が広がっていますので。

 

WOWOWならポルノのライブも楽しめる!?



WOWOWでは定期的にポルノグラフィティのライブを生中継しております。

今回のしまなみロマンスポルノも生中継が決まっており、この機会に加入してみるのもアリかもしれません!

WOWOWの特徴は?

WOWOWプライム、WOWOWライブ、WOWOWシネマの三種類のチャンネルを見放題!

自分の好みのチャンネルを見つけられると思います!

初期費用・加入料不要!これはうれしい。

そして月額2,484円(税込)です。

思ったより安いんですね。

ポルノのライブ、一度でもいいから見てみたいなあというあなた!

WOWOWで中継されているライブで、その空気をいっしょに感じてみませんか?

 

 

おわり

ポルノグラフィティの夏曲を紹介する記事はこちら

ポルノグラフィティの夏曲一覧!今の時期はこの曲が合うぞ!

しまなみロマポルの曲を予想したのはこちら

しまなみロマンスポルノのセットリストを予想してみた

 




References   [ + ]

1. PURPLE’Sメリッサ時の副音声より
2. PURPLE’Sサウダージ時の副音声より