睡眠時のよだれが病気につながるかも!?原因や対処法!

睡眠時のよだれが病気につながるかも!?原因や対処法!

 

春分の日だというのに東京はみぞれ混じりの空模様でした。お昼に外出しましたが真冬用コートじゃないとやってられないくらいでした。寒いですね。

こうも寒いと何が起こるかわかりますか?そう、お布団から出られないのです。ぬくぬくお布団。まあお休みだから問題ないよね、ってことでだらだら二度寝しちゃいましたが……。

二度寝する前寝ぼけ眼でアラームを止め、ふと口元に手をやると……よだれが……。というかよだれに気づいて起きたようなものです。二度寝したけど。私の敬愛する某ミュージシャンも「清楚な女性が睡眠中によだれを垂らしてるのにグッとくる」みたいなことを言っていましたが、私はそこまで清楚ではないので関係ない話でしたね。

 

で、なんで睡眠中によだれって出るんでしょうね?気になったので調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

睡眠時によだれが出る理由

口呼吸になっているから

鼻炎がひどいときとかよだれもひどいような気がしていましたが、口呼吸で口の中が乾燥すると出やすいようです。そりゃあそうか。

日常生活では基本的に鼻呼吸なので、睡眠中に口呼吸になっているとは気づきませんでした。

また、枕の高さが合っていないと口呼吸になりやすいそうです。自分はバスタオルをたたんだものを枕代わりにしていますが、最近高さが合ってないな、首が痛いなと思っていたのでこれもありそうです。

これが原因だとしたら、いびき防止用のテープを口に貼る、枕の高さを調節するといった手段で改善できるかもしれません。自分は唇がひどく敏感なので、枕の高さを合わせようかなと思います。

 

あごの筋肉が衰えている

あごの筋肉が衰え口が開いてしまうことでよだれが出てしまうパターン。あごの筋肉の衰え→口呼吸になる→よだれ、というパターンもありそうです。リラックスするとあごが下に落ちる感覚があるので、もしかしたらこれが一番の要因かもしれません。

これが原因だとしたら、普段の食事をしっかり噛んで食べることで改善される可能性があります。よく噛んであごを鍛えよう!ということですね。

 

睡眠時のよだれが原因の病気もある?

よだれが出ると睡眠が浅く熟睡できない状態につながってしまいます。これらが原因で「睡眠時無呼吸症候群」を引き起こすと考えられており、ここまで悪化してしまうと日常生活においても支障がでてきてしまいます。そうはなりたくない。予防したい。

病気は予防するに越したことはないので、「よだれを垂らすほど気持ちよく寝ていた」なんて考えず、ほんの少しでいいので振り返ってみることも大事かもしれませんね。

 

 

おわり

 

スポンサーリンク